羽アリはいつ頃発生しましたか?

羽アリの発生時期

4~5月は要注意!シロアリの羽アリが発生する時期

シロアリとアリとでは、羽アリの出る時期が異なります。シロアリの場合、羽アリが発生する期間が短いのが特徴。もっとも発生しやすいのは、天気が良く、あまり風の吹いていない少し蒸したような日です。そういった日の午前中に多く発生します。

屋内で発生する場合は、食害部分より比較的高い場所に穴を開けて飛び出してくることが多いです。その理由は、シロアリの羽アリは飛ぶ力が弱いため、なるべく高いところから飛び出そうとする性質があるから。「2階には被害がないけど、2階部分の天井などから羽アリが発生!」ということがあるのはそのためです。

イエシロアリの発生時期は6月から7月にかけての夕方以降で、電灯に群がるのが特徴。羽は黄色がかった金色に近い色です。形はシロアリそのものですので、同時期に羽化するアリ(シロアリ以外)とは形で見分けるのが良いでしょう。

梅雨はアリの羽アリが発生する季節

ちょうど5月の下旬頃から一般的なアリの羽アリが発生し始めます。アリの羽アリは種類が多く、晩秋まで飛ぶ種類のアリもいます。

ちなみにヤマトシロアリの場合は、少なくとも梅雨以降に発生することはありません。ヤマトシロアリとアリとで羽アリの発生時期が重なることはほとんどないので、知識として覚えておいてください。

羽アリの形はどうやって見分けるの?

羽アリとシロアリってどういう関係?シロアリの生態は?