発生した羽アリはどんな形をしていますか?

「シロアリの羽アリ」と「クロアリの羽アリ」の見分け方

やはり違いを見分ける一番の方法は、羽アリ自体をよく観察することです。下の絵をご覧になってください。シロアリとアリではいくつか違う点があります。一番わかりやすいのはハネの違いです。シロアリの場合はすぐにハネが取れてしまいます。そして、前の羽と後の羽が同じ大きさです。実物の写真も参考になさってください。

  シロアリの羽アリ(等翅目) クロアリの羽アリ(膜翅目)
  シロアリの羽アリ(等翅目) クロアリの羽アリ(膜翅目)
触角 数珠状 くの字状
くびれがなく太い くびれて細い
前翅と後翅はほとんど同じ
翅脈は細くて多い
前翅が後翅より大きい
翅脈は太くて少ない

ヤマトシロアリの場合は、羽化すると体の色は黒くなってしまいますので、普通のアリと見分けが付きません。そのため、羽の違いで見分けてください。また、よーく見るとシロアリの触角は数珠のように、玉が連なったような形をしています。そして、胴体にアリのような“くびれ”はなく、“ずん胴”です。

見分けがついたらどうするの?

羽アリ?シロアリ?プロに相談すれば一目瞭然!